スポンサーリンク

Visual Studio 2019 Launch Event in Fukuoka に行ってきた。

これ行ってきた。
Visual Studio 2019 Launch Event in Fukuoka

ハンズオン含めて 13:00~18:00 の、結構中身の濃いイベント。

割とサクっとアプリ作ってAzureにデプロイできてしまうあたり、Azure + C# の組み合わせは、かなりGood!

Azure の App Service 使ってみたけど、かなり良さげ。
Heroku に近いイメージ。インフラ周りを考えず、コードをアップするだけで実行環境が出来上がる。

料金もかなり安め。
App Service の価格

デプロイ先の候補として一気に台頭。
最初、プランの「SHARED」の時間あたりの料金を、「¥1,456(せんよんひゃくごじゅうろく円)」に見えて、「ぐおわぁぁぁーーー高えええーーー!! 1ヶ月で100万飛ぶ!」って思ってしまった。
よく見ると「¥1.456(いってんよんごーろく円)」だった。
というか近くのスタッフと話していないと気づかなかった。

AWS の類似サービスだと Beanstalk?
いや、あれは裏で EC2 と S3 が動いてて、そいつらにアタッチできるとかそんな感じだったんで、ちょっと違う気が・・・

というわけで、Beanstalk 振り返り。
この資料が最強。
Azure/GCP使いの人にも知って欲しい(?) AWS Elastic Beanstalk

わかりやすーい。
「Herokuちっくに使う事もできるけど、その気になれば構成を見ることもできるよ。」ってな感じかな。
裏でAWSの複数サービスがわちゃわちゃ動いているというイメージが残ってて、Terraformみたいなもんかと思ってしまってた。
これ以上は、自分で触って確かめるか。

んで、GCP だと、App Engine ってのがあるみたいね。
こっちも後で見てみよう。

ちゃんとした内容のブログはまた後日・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました