phpenv でバージョンの切り替えが上手く行かなかったんで、超カッコ悪い方法で対処した。

PHP.jpg PHP

<環境>
OS:macOS High Sierra


phpenv を使えば、PHPのバージョンの切り替えができるみたいだけど、上手く行かなかったんで色々と小細工して動かしました。

phpenv

環境構築メモ

install

git clone git://github.com/phpenv/phpenv.git ~/.phpenv
echo 'export PATH="$HOME/.phpenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(phpenv init -)"' >> ~/.bash_profile
exec $SHELL -l


source ~/.bash_profile

php-buildのインストール(オプション扱い?)

phpenvで最新版のPHPをインストールしてWebサイトで使用する - Qiita
# はじめに 唐突にPHPを使って簡易的なWebサイトを作りたくなったのでPHPの環境構築をすることにしました。そしてせっかくなので最新版のPHPをインストールすることにしました。公式サイトからソースをダウンロードしてビルドしてもよか...
git clone https://github.com/CHH/php-build.git ~/.phpenv/plugins/php-build


sudo yum -y install gcc libxml2 libxml2-devel libcurl libcurl-devel libpng libpng-devel libmcrypt libmcrypt-devel libtidy libtidy-devel libxslt libxslt-devel openssl-devel bison libjpeg-turbo-devel readline-devel autoconf

phpenvのバージョン確認

phpenv --version

phpenv v0.9.0-rc.1 と表示された。

使用可能なPHP一覧を表示

phpenv install --list

必要なPHPをインストール

phpenv install x.x.x

5.6.40 をインストールする場合、こんな感じ。

phpenv install 5.6.40

PHPのバージョンを切り替え(全域)

phpenv global {version}

PHPのバージョンを切り替え(特定のディレクトリのみ)

phpenv local {version}

特定の階層だけ、5.6.40 する場合、こんな感じ。

phpenv local 5.6.40

バージョン確認

phpenv version
phpenv versions

反映された設定
ーーーーーーーーーー
system
* 5.6.40 (set by /Users/kaki/tmp/phpenv/ver01/.php-version)
ーーーーーーーーーー

やったね! これで、そのディレクトリだけ PHP5 で動くように・・・
ならなかったよ!

具体的にはこんな感じ。

> php -v
PHP 7.1.23 (cli) (built: Nov 27 2018 16:59:25) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.1.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies
    with Xdebug v2.5.5, Copyright (c) 2002-2017, by Derick Rethans

「php -v」でバージョン確認しても、『PHP 7.1.23』と、システムにインストールしたバージョンが出てくる。

そして、こんなスクリプトを書いてみた。

<?php

echo phpversion();

単に phpversion を出力するだけのスクリプト。
実行結果は、こんな感じ。

> php sample01.php
7.1.23                           

ここでも phpenv で指定したバージョンでは動作ぜず。

何でじゃー!

詳しい人に聞いてみると、
「パスの解決順序がおかしいのでは?」
との事で、調べてみた。

まず、php のパスを確認。

> which php
/usr/bin/php

phpenv のパスはこんな感じだった。

bash-3.2$ which phpenv
/Users/kaki/.phpenv/bin/phpenv

続いて、環境変数をチェック。

> e cho $PATH
/usr/local/bin 
/usr/bin 
/bin 
/usr/sbin 
/sbin 
/Users/kaki/.phpenv/bin 
/usr/local/opt/php@5.6/sbin 
/usr/local/opt/php@5.6/bin 
/Users/kaki/.nodebrew/current/bin 
/usr/local/opt/mysql@5.7/bin 
/Users/kaki/.rbenv/bin
(以下略)

「.phpenv/bin」のパスが「/usr/bin/」より下なので、この順番を何とかしたら行けるのでは?
との事。

という訳で、「 / etc/paths 」を編集。
こんな感じにしてみた。

/usr/local/bin
/Users/kaki/.phpenv/bin
/usr/bin
/bin
/usr/sbin
/sbin
(以下略)

結果、変わらず。

グローバルのバージョンを PHP5にしても、バージョンは 7のまま。何故だ!?

苦肉の解決策

いくら調べても分かんなかったんで、以下のような超カッコ悪い解決策を取った。

phpenvでインストールしたPHP5を検索

find コマンドで PHP5 を探す。

> sudo find / -name "php"
/usr/local/Cellar/php@5.6/5.6.40/bin/php

/ etc/paths を編集

PHP5 が、PHPのパス( /usr/bin/ )より上に来るように設定。

/usr/local/bin
/usr/local/Cellar/php@5.6/5.6.40/bin
/Users/kaki/.phpenv/bin
/usr/bin
/bin
/usr/sbin
/sbin
(以下略)

こんな感じ。

シェルの設定を反映させる

書き忘れてましたが、bash を使ってます。

source ~/.bashrc
source ~/.bash_profile

実行

>php -v
PHP 5.6.40 (cli) (built: Feb 12 2019 19:25:14) 
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.0.6-dev, Copyright (c) 1999-2016, by Zend Technologies

という訳で、無事 PHP5.6.40 が実行されました。

上記のスクリプトも、

> php sample01.php
5.6.40

と、ちゃんとバージョンが変わりました。

めでたしめでた・・・い事は決してなく、その端末で動いてる全PHPのバージョンが 5になっちゃってんだよな・・・。
まぁいいや。そのうち、ちゃんと解決しとこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました